「子育てどうよ?」は自身の子育て体験談や、子供の成長、子育てに参考になる情報などを記録するためのブログです。また自身の成長するヒントになればと思い公開しました。
子育て応援・記録ブログ「子育てどうよ?」をよろしくお願いします。
  • rss feed
  • feedlyで購読する
  • 子育てどうよ?Google+ページへ
  • ブログの説明

何を考えているか分からない人、分かりやすい人

何を考えているのか分からない人っていますよね。それとは逆に分かりやすい人もいますね。
あなたはどっちですか?
友人や同僚などから「何考えてるか分からない」または、「分かりやすい性格だよね」などなど、一度は言われた事があるはず。

私は「何考えているか分からないね」とよくいわれます(笑)

言われる度に「何で分からないかね??」とよく思います。
言っている本人はホントに分からないのでしょう…

何考えているか分からない人って結構敬遠されがち…分かりやすい人って安心感を与えるからすぐにお友達が出来たりします。

それはちょっとズルイんじゃないのと思う訳で、よく人から何考えているか分からないと言われるひろっちパパが、そんな何考えているか分からない人の考えている事をこの記事で明らかにします。

この記事を読んで近くにいる何考えているか分からない人ともっと交流が深まれば幸いです。

なお…独り言に付き、ひろっちパパの独断と偏見と妄想と推測がてんこ盛りである事を先にことわっておきます(笑)

分かった分からない

何を考えているか分かりやすい人の特徴

まずは、分かりにくい人の特徴の前に分かりやすい人の特徴を分析してみました。

分かりやすい人の特徴はまず、考えている事が行動や言動にすぐに現れるようです。。。
「あーお腹すいた。。。」「忙しすぎる!!!」「がはははー(笑)」「ちょーむかつく…」などの言動をよく耳にします。お腹がすいているんだな、大変なんだな、楽しそう、怒っているようだ。。。
そして、一緒にご飯を食べに行った際には自分のオーダーが先に来たら真っ先に食べてしまう。パニクって右往左往している。お腹を抱えて爆笑している。地団駄を踏んで眉間にしわを寄せている。。。などなど。

本当に分かりやすい。。。でもでも、本当にこれだけで分かりやすい人なのでしょうか??

上記のような行動言動をしていても、それが実際に考えている事とは限りません。。これだけでは分かりません。何かが足りないんです。

何が足りないんでしょう…
そう、分かりやすい人の特徴は上記のような行動言動に感情が伴っているのです。ここポイントです!テストに出ます!

分かりやすい人の特徴…それはまさに感情的な人!!

学生時代とかに「だれだれ君(さん)のこと好きなんでしょう」なんてよく言ったり言われたりするもんですよね。
その時、分かりやすい人は「違うよっ!」とか言いながら、感情爆発(笑)すぐバレてしまいます。ホント分かりやすい!!

そんな分かりやすい人は可愛く見えたり、安心感を与えたりですぐに人と仲良くなってしまいます。うーんうらやましい。

それとは逆に分かりにくい人の特徴はどうでしょう。

何を考えているか分からない人の特徴

何を考えているのか分かりやすい人は感情が表に出てしまうのとは逆に、分かりにくい人は感情がめったに表に出ません。

Aさん「何食べようか?」
Bくん「あれ食べよう」
Aさん「えっそれ嫌いじゃなかったっけ??」
Bくん「Aさんこれ好きだったよね」
Aさんの心の中「好きなの食べれば良いじゃん!ホントにそれ食べたいの??うーん分からない…」

A上司「忙しい??」
B部下「大丈夫です」


遅くまで残業。
A上司「なんだ、忙しいんじゃないか!!」

こんな光景ありますよね。ホント分かりにくい。。。

これでは、分かりようがありません。口には出さず、考えとは違う行動を取る…
たいていの人はここで終了です。言いたい事言えば良いじゃん、やりたい事やればいいじゃん…何考えてるか分からん…
そして溝が生まれ、敬遠されてしまいます。

ですが、ちょっと待って下さい!!こんな分かりにくい人でも、考えを理解する事が出来るんです!!

それは、何を考えているのか分かりやすい人は感情で動いているのに対し、何を考えているのか分からない人は理性・理論で動いているんです。はい。ここテストに出ます!!

「あなたはこれが好きでこれが食べたいんだよね」→「これを食べて喜んでいるあなたを見る事が嬉しい」→「じゃあそれ食べよう」

「忙しいな…」→「でもこれは自分の仕事だ」→「他の人に回したら他の人の仕事が遅れてしまう」→「責任もって終わらせよう」→残業。。。
このように、分かりにくい人には行動や言動に、ある一定の理論や理性が働いています。
こうこうこうだからこうしよう。こうこうしたらこうなるからこうしよう。などなど。

どうでしょうか?少しは分かってきませんか?何を考えているか分からない人は、融通の利かないマジメさん(笑)ですね。
分かりにくい人に遭遇したら、理性・理論・規律に目を向けてやってみてください。少しはその人が理解できるかも知れませんよ。。。

理解し合う

最後に

理論的な思考回路は男性に多いのではないでしょうか。また感情的な言動行動は女性に多いのではないでしょうか。理論的な男性・感情的な女性。分かりあえない男女。よくあるパターンですが、ひろっちパパの単なる偏見と妄想です(笑)

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
この記事を読んで、少しは分かりにくい人の事を理解して頂く事が出来れば幸いです。そして、少しでも分かりにくい人と分かりあえたら嬉しいです。

「分かりにくい人のこんな思考回路もあるよ」「全然当てはまらなかった」などなど教えて頂けると嬉しいです。

それでは、素敵なコミュニケーションを!

前の記事・次の記事

«

»

関連記事

不信感満載の児童相談所ってなにしてるの?

児童相談所に相談したが事件を起こしてしまった。児童相談所に通報したが虐待で子供が死んでしまった。ニュースを見ているとこんな事ばかりで、児童相談所に連絡して良かったと言う話をいっさい聞いた事が無い。そもそも児童相談所に連絡して解決されればニュースにもならないので当たり前と言えば当たり前であるが…こんな事ばかり聞かされていると、児童相談所に対して不信感を持ってしまう。少なくとも私は不信感でいっぱいだ。

コメント

コメントを残す


全て必須項目です。



上に戻る