「子育てどうよ?」は自身の子育て体験談や、子供の成長、子育てに参考になる情報などを記録するためのブログです。また自身の成長するヒントになればと思い公開しました。
子育て応援・記録ブログ「子育てどうよ?」をよろしくお願いします。
  • rss feed
  • feedlyで購読する
  • 子育てどうよ?Google+ページへ
  • ブログの説明

手足口病の症状と予防法

おはようございます。関東地方は梅雨明けしていないのに雨が少ないですね。日中ものすごく暑くて夜は意外に涼しく体温調節が上手く出来ていないひろっちパパです。
九州では集中豪雨で大変な事になっていますね。九州地方の皆様、自然災害などに気を付けてくださいね。被害が拡大しない事を祈ります。

目次

赤ちゃん足イメージ画像01

photo credit: limaoscarjuliet via photopin cc

昨年のちょうどこの時期、平成23年7月21日(木)神奈川県で「手足口病」が大流行していると発表がありました。 神奈川県では第28週(7月11日から7月17日)の発生状況が過去10年間で最大の患者報告数と発表しています。

※平成23年のお話です。今年平成24年の手足口病大流行のニュースは7月5日時点では発表されていません。

手足口病と言うネーミングは嫌な感じがしますね…あまり聞き慣れない手足口病とはどんな病気なんでしょうか?

手足口病の概要

乳児や幼児によくみられる疾患であり、夏季に発生し7月下旬ごろにピークをむかえるウィルス性の感染病です。
症状は、唇周りに発疹が現れ、手のひら・足の裏・口内に水疱が発生します。また発熱を伴う場合もあり。ごくまれに髄膜炎脳炎などの合併症が生じる事があるので注意が必要です。
感染経路は感染者の唾液や排泄物などからで、経口・飛沫・接触を通し感染します。潜伏期間は2日~7日です。

赤ちゃん足イメージ画像02

photo credit: gabi_menashe via photo pin cc

手足口病の予防法

手足口病は特別な治療方法は無いので、症状がひどい場合には医師に診断してもらいましょう。またワクチンも無いため、排泄物を処理した後は、うがい手洗いなどで感染予防しましょう。

保育園など集団生活をする場所では特に注意が必要ですね。感染が分かった時点で自宅休養する事が新たな感染を防ぐために有効です。

とはいえワクチンが無い為、感染予防はなかなか難しいですが、自治体や保育園などで感染報告があった場合は「うがい」「手洗い」「消毒」をこまめに行い感染を防ぐしかありません。

また、その他の感染症も同様で「おたふく風邪」や「水疱瘡(みずぼうそう)」などはワクチンがありますので、ワクチン接種をお勧めします。
どちらも任意の接種なので、後回しにしがちですが、接種後感に染しても軽度の症状で済み、拡大予防にもなります。時間がある時になるべく早く接種するのが良いかもしれませんね。

前の記事・次の記事

«

»

関連記事

離乳食が憂鬱で困っているママへ 離乳食のベストプラクティス

離乳食時に赤ちゃんが食べ散らかして困っているママパパへ離乳食の憂鬱を吹き飛ばす、題して「離乳食のベストプラクティス」をお送りします。離乳食を食べさせている時、こぼさず綺麗にモリモリ食べてくれたらこんな嬉しい事はありません。が…相手は生後間もない赤ちゃんです。そう簡単にはいきません。愛情をかけて作った離乳食を赤ちゃんはいとも簡単にこぼします(笑)さらに興味津々の赤ちゃんは器の中に手を突っ込みコネコネ。挙句の果てに、その手に付いた離乳食をポイッ!そしてなかなか食べてくれずギャン泣き…

注意しても話を聞かない子供に話を聞いてもらう方法 <効果実証済み>

親の言っていることをじゅうぶん理解できるお年頃…のはずが、全く言う事を聞きません。最初は何かに夢中で聞こえてないのでは??と思う事もしばしば。毎日、子供が聞いているのかいないのか分からず注意し続けていると、本当に疲れます。そんな経験ありませんか?そこでこの方法の出番です。我が家で実践してみたところ、100%とは言いませんが、ほぼ聞いてくれるようになりました。ぜひ試してみてくださいね。

子供がなかなか寝てくれない時の対処法

我が家で実践している「子供がなかなか寝てくれない時の対処法」を紹介します。子供がなかなか寝てくれなくて困っていませんか?我が家の娘達も寝る直前まで遊び続け、なかなか寝てくれません。あまり夜更かしをすると次の日の朝に影響して、スッキリ同じ時間に起きる事が出来ないのは明らかです。子供がなかなか寝てくれなくて困っているママパパの参考になれば幸いです。

コメント

コメントを残す


全て必須項目です。



上に戻る