「子育てどうよ?」は自身の子育て体験談や、子供の成長、子育てに参考になる情報などを記録するためのブログです。また自身の成長するヒントになればと思い公開しました。
子育て応援・記録ブログ「子育てどうよ?」をよろしくお願いします。
  • rss feed
  • feedlyで購読する
  • 子育てどうよ?Google+ページへ
  • ブログの説明

赤ちゃん・子供を「蚊」から守る方法

おはようございます。最近雨の日が多く、娘~ズもお外でなかなか遊べないのでストレスが溜まっているようです。
梅雨早く終わらないかな~夏が待ち遠しいひろっちパパです。
今日は赤ちゃん・子供を蚊から守る為の対策です。

目次

待ちどうしい夏

最近は完全に梅雨模様で、雨が多く何と言っても湿度が高くムシムシですね。雨の降っていない日は「もう夏??」と思わせる陽気です。熱中症の話もチラホラ聞くようになりましたね。子供はもちろん大人も水分補給して、熱中症から身を守りましょうね!

そんな、暑い季節に毎年やってくる…倒しても倒してもやってくる…そう!がやってくる。もうやってきている(笑)

梅雨の時期から秋口にかけて発生する「」は今年も懲りずにやってきましたね。

大人はさされてもかゆいくらいで済みますが、子供はそうは行きません。子供がさされたら掻きます。凄い勢いで掻きます。そして必ず血が出ます(笑)
瘡蓋(かさぶた)になっても掻き続けます。本来ならば瘡蓋になれば治癒へ向かっていますが、その上からまた掻けば瘡蓋が剥がれまた血が出て治癒が遅れます。さらに、出血箇所に雑菌が入れば化膿します。完治しても傷跡が残ったり、最悪の場合傷口から細菌やウィルスが侵入し感染症を引き起こします。

大変な事態になる前に、子供を蚊から守ってあげましょう。

また、蚊(コガタアカイエカ)にさされることで「日本脳炎」に感染する事もあるのです。日本脳炎はワクチン接種で回避しましょう。

蚊取り線香

それでは、赤ちゃん・子供を「蚊」から守る為にどんな対策や対処法があるのでしょう?
以下にまとめました。

と、その前に蚊の生態について。

蚊の生態について

日本で発生する蚊は「ヒトスジシマカ」、「アカイエカ」、「チカイエカ」の3種類で、メスが産卵のため血を吸い、オスは血を吸いません。
それぞれ血を吸う時間帯や発生場所が異なっており、「ヒトスジシマカ」は昼~夕に「アカイエカ」は夕~夜に血を吸います。また「チカイエカ」は名前の通り地下などで発生し、生息時期は通年と1年中発生します。
発生場所は、水周りに卵を産み少量の水でもボウフラに成長します。やはり、生命力が強く特に水回りは要注意ですね。

それでは、対策まとめです。

ミッション1 ~蚊よけ対策~

蚊よけ対策の初めの1歩は、蚊が多く発生しそうな場所は近寄らない!そして発生源を排除する!です。
蚊が多く発生する場所は、生態を見ても分かる通り水周りです。池や川、下水溝の近くは蚊が多く発生します。
また、家の庭、ベランダなどに置いてあるバケツや空き缶などに溜まった雨水などでも発生しますので、こまめな清掃を心がけなるべく蚊の発生を抑えましょう。

とは言っても、完全にシャットアウトは不可能ですね。外出時は長袖、長ズボンなどを着用し、カート、バギーには虫よけシートなどでガード。
それでもさされてしまうので、市販の虫よけ蚊よけグッズに頼るしかなさそうです。赤ちゃん・子供用の虫よけグッズが発売されていますので、活用しましょう。

アロマ系の虫よけグッズは効果抜群らしいです。

また、「ディート」には十分注意して下さい。
ディートは主に昆虫忌避剤として使用され、稀に神経障害や皮膚炎を起こす事が報告されています。

ミッション2 ~蚊さされ対策~

蚊よけ対策をしてもやはり多少はさされてしまいますよね。蚊にさされて掻きむしる前に対処しましょう。

赤ちゃん・子供の爪を切り、なるべく掻いても傷にならないようお手入れしてあげましょう。また、さされた箇所に包帯やガーゼを巻き、直接掻く事を防ぐ事も出来ます。子供は嫌がりますが、、、
最終手段は虫さされのかゆみ止め剤ですね。赤ちゃん・子供用も販売されています。市販のかゆみ止めを使用する際は用法、容量、成分などのチェックは念入りに行いましょう。
どうしても市販のかゆみ止めに抵抗がある方は掛り付け医などで処方してもらいましょう。また、手作りの虫よけ剤やかゆみ止めもお勧めです。

ミッション3 ~最後に~

赤ちゃん・子供はお散歩、外遊びが大好きです。やはり外出は避けられません。色々な対策や予防をしても、さされてしまいます。

夏に長袖、長ズボンも可哀そうですし、室内にこもらせるのも…。やはり、最低限の予防をしながら外でのびのび遊んでほしいものです。

さされても、掻きすぎないように子供の気をそらしながら室外で健康的に家族で過ごしたいですね。

赤ちゃん・子供を「蚊」から守る為に」の対策をしても、赤ちゃん・子供が蚊に刺されてしまって、困っているママ・パパはこちらの記事へどうぞ
赤ちゃん・子供が蚊に刺された時の対処法
蚊対策【保存版】これで蚊に刺されない!?メリットとデメリット比較

前の記事・次の記事

«

»

関連記事

離乳食が憂鬱で困っているママへ 離乳食のベストプラクティス

離乳食時に赤ちゃんが食べ散らかして困っているママパパへ離乳食の憂鬱を吹き飛ばす、題して「離乳食のベストプラクティス」をお送りします。離乳食を食べさせている時、こぼさず綺麗にモリモリ食べてくれたらこんな嬉しい事はありません。が…相手は生後間もない赤ちゃんです。そう簡単にはいきません。愛情をかけて作った離乳食を赤ちゃんはいとも簡単にこぼします(笑)さらに興味津々の赤ちゃんは器の中に手を突っ込みコネコネ。挙句の果てに、その手に付いた離乳食をポイッ!そしてなかなか食べてくれずギャン泣き…

注意しても話を聞かない子供に話を聞いてもらう方法 <効果実証済み>

親の言っていることをじゅうぶん理解できるお年頃…のはずが、全く言う事を聞きません。最初は何かに夢中で聞こえてないのでは??と思う事もしばしば。毎日、子供が聞いているのかいないのか分からず注意し続けていると、本当に疲れます。そんな経験ありませんか?そこでこの方法の出番です。我が家で実践してみたところ、100%とは言いませんが、ほぼ聞いてくれるようになりました。ぜひ試してみてくださいね。

子供がなかなか寝てくれない時の対処法

我が家で実践している「子供がなかなか寝てくれない時の対処法」を紹介します。子供がなかなか寝てくれなくて困っていませんか?我が家の娘達も寝る直前まで遊び続け、なかなか寝てくれません。あまり夜更かしをすると次の日の朝に影響して、スッキリ同じ時間に起きる事が出来ないのは明らかです。子供がなかなか寝てくれなくて困っているママパパの参考になれば幸いです。

コメント

コメントを残す


全て必須項目です。



上に戻る