「子育てどうよ?」は自身の子育て体験談や、子供の成長、子育てに参考になる情報などを記録するためのブログです。また自身の成長するヒントになればと思い公開しました。
子育て応援・記録ブログ「子育てどうよ?」をよろしくお願いします。
  • rss feed
  • feedlyで購読する
  • 子育てどうよ?Google+ページへ
  • ブログの説明

子供を預ける時に「ストレスを溜める人」「ストレスを発散する人」

どうもどうも!まだ夏休みが遠いひろっちパパです。
夏休みもあとわずかになってしまいましたね。皆さんのお子様の宿題などはもう終わりましたでしょうか?子供にとっては夏休みが終わってしまったら残念ですよね。でも、世のお母様方は早く夏休み終わってくれ!と願っている事をひろっちパパは知っています(笑)

今回の記事はエッセイです。簡単に言えば、ひろっちパパの独断と偏見と妄想と推測を綴ってみました(笑)

目次

子供連れで賑わう公園

あなたはどっち?

皆さんは、どうしても子供を誰かに預けなくてはならない事になった時って、1度や2度と言わずあると思います。保育園や幼稚園に通っていいる場合は毎日誰かに預けていますよね。我が家も娘~ズを保育園に預けています。
時には実母にちょっと預けたり、義理の父に一日遊んでもらったり…その預けている間に、緊急の用事を済ませたり、のんびりゆっくりしてみたり。

このように、誰かに子供を預ける状況は日常茶飯事です。少なくとも我が家では(笑)
そんな時、子供を誰かに預ける時にママやパパに起こる、2つのパターンに気付きました。
1つは「ストレスを溜める人」もう1つは「ストレスを発散する人

あなたは、どっちですか?

ちなみに私は後者のストレスを発散する人(笑)嫁さんはストレスを溜める人でした!!
その特徴を独断と偏見と妄想と推測で(笑)まとめてみました。

ストレスを溜める人

ストレスを溜める人

子供を預けてストレスを溜めてしまう人の特徴をまとめてみました。

1.完璧主義者
2.不安症
3.ON/OFFの切り替えがうまくできない
4.預ける人を基本的に信用していない(笑)
5.子供を愛しすぎている(笑)【過保護】

1の完璧主義者の人は、全ての事に対して100点を取りたい人。100点は取れないと分かっていても、自分で育児をしている分には100点を目指す事が出来るのでストレスは軽減されます。他人に預けた時、預けた人にも100点を求めます。そして自分の理想としている育児を実践してくれない、または実践してくれなさそうと感じるとストレスが溜まります。

2の不安症の人は、普通の人よりも不安を感じやすい人。これは育児に限った事ではありませんね。仕事をしていても、遊びに出掛けても、ついついあれこれ気になってしまいます。そして気になった事を確認するまで、気持ちが晴れずストレスが溜まります。

3のON/OFFの切り替えがうまくできない人は、不安症の人と似ていますね。仕事をしていても次の週末の遊びの事が気になって仕事に集中出来ない、遊びをしていても仕事が気になって思い切り楽しめない。子供を預けてストレス発散をしていても、切り替えがうまくできずストレスが溜まります。

4の預ける人を基本的に信用していない人は、完璧主義者に近いでしょうか。近くで育児する姿を見ている実母や実父、夫や妻には安心して預ける事が出来ますが、保育園、義理母、近所のおばちゃんなどなど、そもそも信用していないのですからストレスが溜まります。

5の子供を愛しすぎている過保護の人は、子供は自分が自主的に見なければと思っています。そして子供と24時間一緒にいたいのです。また、自分の管理下に置いて育児をしたいので、他人に預けること自体がストレスです。子供を愛しすぎている事は悪い事ではありませんが、過保護はどうでしょうか?

まだまだ、ストレスの原因はあると思いますが…なんだか辛そうですね。うまくストレス発散出来ると良いのですが…
それではストレスを発散する人の特徴はどうでしょうか?

ストレスを発散する人

ストレスを発散する人

子供を預けてストレスを発散する人の特徴をまとめてみました。

1.楽天主義者
2.ポジティブ思考
3.子供を愛しすぎている(笑)【過保護でない】

1の楽天主義者の人は、そもそもストレスを感じません(笑)、誰に預けてもどこに預けても「なんとかなるだろう」と考えています。最強ですね!でも欠点もあります。問題が起こった時に「あああ!」ってなってしまいます(笑)

2のポジティブ思考の人は、子供を預ける事を楽しみます。義理母に預けたら、何か買ってもらえるかもしれない、保育園に預けたら、何か新しい事を教えてもらえるかもしれない、とウキウキです(笑)そして自分の時間をストレス発散に費やします。

3の子供を愛しすぎている過保でない人は、ストレスを溜める人と子供を愛しすぎている点では同じですね。違いは、過保護ではないという事。子供を愛しているが故に色々な人と接して成長してほしいと願っています。ちょっとの危険も経験のうちと考えています。

どうでしょうか?独断と偏見と妄想と推測でまとめてみました(笑)。まあ、偏った感じにはなりましたが…当てはまる項目はありましたでしょうか?

ストレスを溜めてしまうのはやっぱり良くないですよね。とは言っても、育児はストレスが溜まるもの。なかなかノンストレスは難しいですよね。それでも、少しでもストレス解消できたら嬉しいのは間違いありません。

子供を預けてストレスを溜めない為に

それでは、子供を預けてストレスを溜めないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?
ひろっちパパが考えるストレス軽減方法は、目的「子供を預ける」を意識し明確にする事だと思っています。
どうして子供を預けるのか、どうして子供を預けなければならないのか。この目的をしっかり意識する事で少しはストレス軽減になります。

子供を預けるという事、子供を預けなければならないという事はそれなりの理由が存在します。保育園などに預けるという事は、共働きによって子供を預けなければならない…または、どうしても外せない用事や緊急事態が発生し、子供を預けなければならない…また、育児や仕事に疲れたので子供を預けたい。などなど理由は様々ですが、目的は子供を預ける事。そんな事は当たり前ではないかとおもわれるでしょう。が、つまりは子供を預けないと大変な事になるから預けるのです。
共働きじゃないと生活費が…友達の結婚式に出席したいが遠すぎる…疲れすぎて育児に支障が出る、疲れすぎて自分の体がもたない…など。考え方を変えれば、預かってくれる人や場所があるだけ、ありがたいと思いますし、感謝です。

そして完璧主義にならない事。他人のする事と自分のする事には違いがあります。自分の基準で他人に100%を求めてはいけません。まして、お願いして預けているわけですから。

なんだか、最後の方は説教臭くなってしまいまして、申し訳ありませんm(__)m

子供を預けないで済むなら、自分で育児出来るなら、それに越したことはありませんよね。それでも預けなければならない状況はやってきます。そんな時は預かってくれてありがとうと、預かってくれる人がいなかったら大変な事になっていたよと思うだけでストレスは軽減されるのではないでしょうか。

ながくなってしまいましたが、最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
また、ここちょっと違うんじゃないの?とか、こんなストレス軽減方法あるよ、などあれば教えて頂けるとうれしいです。
少しでも、ストレス軽減のお役にたてれば幸いです。

「子供が夜、寝てくれない」や「子供の聞き分けが悪い」など、もっとストレスから解放されたいママやパパはこちらの記事も参考にどうぞ
「子供が寝ない!」で困っているママへ 子育ての悪循環解決法

前の記事・次の記事

«

»

関連記事

離乳食が憂鬱で困っているママへ 離乳食のベストプラクティス

離乳食時に赤ちゃんが食べ散らかして困っているママパパへ離乳食の憂鬱を吹き飛ばす、題して「離乳食のベストプラクティス」をお送りします。離乳食を食べさせている時、こぼさず綺麗にモリモリ食べてくれたらこんな嬉しい事はありません。が…相手は生後間もない赤ちゃんです。そう簡単にはいきません。愛情をかけて作った離乳食を赤ちゃんはいとも簡単にこぼします(笑)さらに興味津々の赤ちゃんは器の中に手を突っ込みコネコネ。挙句の果てに、その手に付いた離乳食をポイッ!そしてなかなか食べてくれずギャン泣き…

注意しても話を聞かない子供に話を聞いてもらう方法 <効果実証済み>

親の言っていることをじゅうぶん理解できるお年頃…のはずが、全く言う事を聞きません。最初は何かに夢中で聞こえてないのでは??と思う事もしばしば。毎日、子供が聞いているのかいないのか分からず注意し続けていると、本当に疲れます。そんな経験ありませんか?そこでこの方法の出番です。我が家で実践してみたところ、100%とは言いませんが、ほぼ聞いてくれるようになりました。ぜひ試してみてくださいね。

子供のやる気を引き出すとっておきの方法

この方法の成功率は90%くらいでしょうか。ほぼ成功します。失敗する時もあります。それは多用した時。これは、子供の大人になりたい心理をうまく利用している方法ではないでしょうか。「お姉さんみたい・大人みたいにになりたい」と思わせる事がポイント。もう一つのポイントはお姉さんは他人と言う事。あくまでも比較対象にならない他人がポイントです。

コメント

  1. 堀田侑佑 より:

    5歳児の夫です。ここで嫁さんに対する子育ての相違を聞いてください。
    自分は朝ご飯、保育園の送り迎え、お風呂、夜ご飯の食べる補助(しつけ等)、遊び、歯磨き、寝かしつけ。とやっておりますが、自分は時間を守ってなるべく時間通りに生活習慣のしつけをしていきたく夜は8時30分ベッドインで9時00分には就寝というのが理想で子供も理解して協力してくれていますが、仕事等で妻が自分がいつもやっていることをやってくれる日は寝るのが22時過ぎで、それをやられるとリズムが狂ってしまい翌朝起きない 夜はまだ遊びたいと寝てくれなくなる。妻に伝えても理解、協力は得られない。
    どうしたらいいと思いますか。愚痴にはなってしまいますが、妻はホントに頑固で話は一切聞き入れてくれず、自分の時間が一番大切で、毎晩遅くまでテレビを見ていて寝かしつけるのにうるさいから音量小さくしてと言ってもそれじゃ私のテレビが聞こえないじゃんとその一言ですぐ険悪になってしまうくらいです。

    • ひろっちパパ より:

      コメントありがとうございます。
      規則正しく育児に取り組んでいる様子が伝わってきます。
      本当にすごいですね。見習いたいです。

      以前、我が家も育児での相違はありました。
      意見を言うと険悪になるばかり…

      そこでとった私の行動は、「他人は変えられない。変えられるのは自分の心と行動だけ」という基本に返り、
      他人(妻・子供)を変えることをあきらめました。
      意見を言う代わりに、自分の心を落ち着かせることや自分のやるべきことに集中しました。
      その結果、徐々に険悪ムードは解消され、他人のやることもだんだん気にならなくなりました。

      私は、育児のプロでも専門家でもないので良いアドバイスになるかわかりませんが、
      少しでもお役に立てればうれしいです。

      これからも育児がんばってくださいね。

コメントを残す


全て必須項目です。



上に戻る