「子育てどうよ?」は自身の子育て体験談や、子供の成長、子育てに参考になる情報などを記録するためのブログです。また自身の成長するヒントになればと思い公開しました。
子育て応援・記録ブログ「子育てどうよ?」をよろしくお願いします。
  • rss feed
  • feedlyで購読する
  • 子育てどうよ?Google+ページへ
  • ブログの説明

注意しても話を聞かない子供に話を聞いてもらう方法 <効果実証済み>

我が家の娘たちはこの春、4歳になりました。
親の言っていることをじゅうぶん理解できるお年頃…のはずが、全く言う事を聞きません(>_<)
「それ危ないからやめなさい!」「ご飯中うろちょろしないで!」「ゴミはゴミ箱へ」「喧嘩をしても叩かない!」などなど、数えればきりがありません…
最初は何かに夢中で聞こえてないのでは??と思う事もしばしば。それぐらいの勢いで無視します。

そこで、本当に聞こえてないのか検証する事にしました。
大きな声で「それダメ!」と注意して無視された直後に、ママに「アイスクリームでも食べようか」と小声で話しかけます。
するとどうでしょう、今まで完全無視だった娘たちが「なになに?あいくちゅりぃむ??」と聞いて来ます。

……「聞こえてんじゃん!!」

そうです。完全に聞こえてます。小声で話したにもかかわらず聞きとれています。
むしろ、良く聞こえるいい耳してます(笑)

子供たちは完全に聞こえているはずなのに無視しているのです。「あーまた何か言ってるよ」くらいの感覚でしょうか。

そんなある日ブログを読んでいたらいい記事がありました。「子供が言う事聞く方法」…のようなタイトル、記事元は忘れてしまいました。ごめんなさい。覚えていたら紹介したいくらいの記事です。そこに書いてあった事を我が家で実践してみました所、なかなか言う事を聞くではありませんか。
言う事を聞くと言うよりは、言う事を子供に伝えると言った方が正しいかもしれません。

今回の記事は我が家で実践してみた結果、わりと効果が期待できる「子供に話を聞いてもらう方法」です。

毎日、子供が聞いているのかいないのか分からず注意し続けていると、本当に疲れます。そんな経験ありませんか?
子供が話を聞かないまっ盛りの、子育て中のママパパがこの記事を読んで、少しでも効果が表れたら幸いです。

春のイメージ

目次

目線を合わせる

まずは子供に話をする・話を聞いてもらう準備です。
子供に注意をする時に親は立っていたり、何か他の事をしている時って結構あります。
何かしながらでも気がついた事を注意します。
一応顔は子供の方に向けていますが、遠くからだったりします。そうすると子供はほとんどと言っていいほど聞いていません。
毎回効果がありません。そこでこの方法の出番です。

まず遠くから声をかけるのをやめて子供の前に行き、腰を落として目線の高さを合わせます。
そうすると子供はいつもと違うな。なんだろうと興味を示してくれます。たまに逃げますので、手はしっかり握りましょう。痛くない程度にね
これで第一段階は終了です。

目を見る

次に子供の目を見ましょう。これが結構ポイントです。
大人同士でもそうですが、目を見て話すのと、目線を外して話すのでは、真剣さが違いますよね。
親が目を見ても子供が目線を合わせてくれない時があります。そんな時は「ママパパの目を見て!」と真剣に声をかけましょう。
我が家ではほぼ見てくれます。
ここまで来たら準備は終わりです。

ささやくように話す

声のトーンを変える

親が話す準備・子供の聞く準備が整った所で、お話を始めるのですが、話をする声のトーンも重要です。
いくら耳が聞こえて、内容も理解できても所詮は子供です。
大きな声で怒鳴ったりして、おびえてしまってはタダ怖いだけで話が伝わりません。
さらに子供は、まだ耳が大人ほど発達していないので早口も理解してくれません。

ポイントは声のトーンを落として(少し静かめに)ゆっくり話す事です。たいてい伝わります。
そして最後に「ママパパのお話分かった?」と確認しましょう。子供が「分かった」と、うなずけば注意したことを守ってくれます。その時はね(笑)
これはもうどうしょうもありません。記憶能力が発達していないからでしょうか?分かりませんが、同じ事をまたします。
それはあきらめて注意し続けましょう。その時に話を聞いてもらえただけでも大進歩なのですから…

まとめ

我が家で実践してみたところ、100%とは言いませんが、ほぼ聞いてくれるようになりました…その時はね(笑)

子供が言う事を聞いてくれない、完全無視する、などなど困っているママパパ。実践してみてはいかがですか。かなりの効果は期待できます。
子供が話を聞いて、注意したことを守ってくれたらほめる事も忘れずに~

それではまとめです。
1.子供の目線の高さに合わせ腰をおろし、手は軽く握る
2.子供と目を合わせる
3.話す時は声のトーンを落とし、ゆっくりと
4.ほめる

ぜひ試してみてくださいね。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
子供に話を聞いてもらうのって本当に一苦労ですよね。ひろっちパパはたまに物を投げつけたくなります(笑)…さすがにしませんが。
この方法を実践してみて、「効果あったよ」「家は全然効果が無かった」「もっといい方法あるよ」とか教えて頂けると嬉しいです。
少しでも話を聞いてくれない子供を子育て中のママパパの役に立てば幸いです。

それでは、素敵な子育て&しつけライフを!

前の記事・次の記事

«

»

関連記事

離乳食が憂鬱で困っているママへ 離乳食のベストプラクティス

離乳食時に赤ちゃんが食べ散らかして困っているママパパへ離乳食の憂鬱を吹き飛ばす、題して「離乳食のベストプラクティス」をお送りします。離乳食を食べさせている時、こぼさず綺麗にモリモリ食べてくれたらこんな嬉しい事はありません。が…相手は生後間もない赤ちゃんです。そう簡単にはいきません。愛情をかけて作った離乳食を赤ちゃんはいとも簡単にこぼします(笑)さらに興味津々の赤ちゃんは器の中に手を突っ込みコネコネ。挙句の果てに、その手に付いた離乳食をポイッ!そしてなかなか食べてくれずギャン泣き…

子供のやる気を引き出すとっておきの方法

この方法の成功率は90%くらいでしょうか。ほぼ成功します。失敗する時もあります。それは多用した時。これは、子供の大人になりたい心理をうまく利用している方法ではないでしょうか。「お姉さんみたい・大人みたいにになりたい」と思わせる事がポイント。もう一つのポイントはお姉さんは他人と言う事。あくまでも比較対象にならない他人がポイントです。

育児がつらい時は「育児」を「生活の一部」に変換したら楽になるかもよ

育児や家事に参加していると、たまにやってくる辛さってありますよね。そんな辛さを解消すべく色々考えました。そして、ある思考法にたどり着きました。「育児」→「生活の一部」に変換してみよう。どうやら一緒に○○がポイントのようです。一緒に生活を共にする事で楽しさが生まれます。

コメント

コメントを残す


全て必須項目です。



上に戻る