「子育てどうよ?」は自身の子育て体験談や、子供の成長、子育てに参考になる情報などを記録するためのブログです。また自身の成長するヒントになればと思い公開しました。
子育て応援・記録ブログ「子育てどうよ?」をよろしくお願いします。
  • rss feed
  • feedlyで購読する
  • 子育てどうよ?Google+ページへ
  • ブログの説明

離乳食が憂鬱で困っているママへ 離乳食のベストプラクティス

我が家に三女が誕生して早10ヶ月!あっという間の10ヶ月でした。
そんな三女は離乳食まっ最中です。ひろっちパパも離乳食を食べさせています。モリモリ食べてくれると嬉しいですよね。

その反面なかなか食べてくれずギャン泣きされたり、器やスプーンくれくれ攻撃(笑)、手づかみしてはポイ、床やカーペットには食べかすが散乱…などなど
結構大変な事が多いのも事実。
今回はそんな離乳食の憂鬱を吹き飛ばす、題して「離乳食のベストプラクティス」をお送りします。

離乳食時に赤ちゃんが食べ散らかして困っているママパパの参考になれば幸いです。

目次

離乳食のイメージ画像

離乳食の憂鬱の理由はどこにある?

離乳食を食べさせている時、こぼさず綺麗にモリモリ食べてくれたらこんな嬉しい事はありません。が…相手は生後間もない赤ちゃんです。そう簡単にはいきません。
愛情をかけて作った離乳食を赤ちゃんはいとも簡単にこぼします(笑)さらに興味津々の赤ちゃんは器の中に手を突っ込みコネコネ。挙句の果てに、その手に付いた離乳食をポイッ!そしてなかなか食べてくれずギャン泣き…

我が家でもよくある光景です。

ではなぜ離乳食の憂鬱がおそいかかってくるのでしょうか?
それは…
■せっかく作ったのにこぼされた台無し感
■せっかく綺麗に片づけたお部屋を汚されてまた片づけなくてはならない虚無感
■食べてくれない事による栄養不安から来る赤ちゃんを育てるプレッシャー
■ギャン泣きされて困った時に感じる思い通りに行かないイライラ感
などなど離乳食にまつわる憂鬱の理由をあげればきりがありません。

離乳食の憂鬱 その原因は?

そこでひろっちパパは考えました。なぜそんなに憂鬱になるのか…
それはズバリ!

こぼしたり、散らかしたり、食べなかったりでガッカリしたり困ったりするのは、作った人と、食べさせるひとが同じだから!

ママが離乳食を作り、ママが食べさせて、ママが後片付けをする。。。我が家もそうでした。
これでは頑張り屋のママも離乳食の憂鬱に襲われても無理もありません。

解決策

憂鬱の原因が分かれば後は簡単です。一人で抱える問題も二人もしくは複数人で離乳食の工程を分担し毎回入れ替えれば全て解決します。おぉーすごい!!

例えば…
作る人…ママ
食べさせる人…パパ
片付ける人…ママ
次回の作る人…パパ
食べさせる人…ママ
片付ける人…パパ
以下繰り返し

こんな感じでそれぞれの工程を分担してみましょう。
なぜそれで解決するのか??

それは…作った人と食べさせる人が違えばこぼされた時の台無し感を感じずに済みます。そして食べさせる人と片付ける人が違えば、食べさせている人はどんなに散らかしても気になりません。自分は片づけなくて良いのですから。
そして順番を入れ替える事で食べさせる人が毎回違えば、赤ちゃんを育てるプレッシャーからも解放されます。ママが食べさせた時は食べなかったけど、次回担当のパパがうまく食べさせてくれるだろうと…ギャン泣きされてもすぐに離乳食を中断出来ます。良い意味での責任回避策です。

対策の問題点

こんな素晴らしい(笑)解決策でも問題点も存在します。
それは、変わってくれる人がいない時

「私はいつも一人で食べさせていて、変わってもらえる人が近くにいないんだよね…なんだガッカリ…」と思ったママパパ!
あきらめるのはまだ早いです。

問題点の解決策

作る人が自分しかいない時の解決策は
別の人に作ってもらい、冷凍しておきましょう。無くなったらどんどんストックしてもらいましょう。こぼされてももったいない感が無くなります。

食べさせる人がいない時の解決策は
こればかりはどうしようもありません…頑張って食べさせましょう。食べさせてくれる人がいる時はなるべく変わってもらって少しでもストレスから解放されましょう。

片付ける人がいない時の解決策は
これもどうしようもないので、簡単に片づけられる方法を紹介します。
こぼれてもいいようにいレジャーシート使うと簡単に片づけられて、洗うのも流すだけなので簡単です。おすすめです!

さらに食事用エプロンを使うと、床などにこぼれる確率がかなり減ります。食事用エプロンはアンパンマンEVAエプロンがおすすめです!流すだけでほぼ落ちます。
アンパンマンEVAエプロンについては過去記事の「保育園の食事用エプロンは「アンパンマンEVAエプロン」がお勧め」をチェック!

いかがでしたか?我が家ではひろっちパパが家にいる時は実践しています。離乳食の憂鬱やストレスを感じる事はありません。ママも負担軽減でストレスも減ったようです。離乳食時一人で抱えて困っていたり悩んでいるママパパはぜひ試してみてください。効果ある事間違いなしですよ!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。「試してみたら良かったよ」「あまり効果が無かった」「我が家ではこんな方法で離乳食をあげています」などありましたら教えて頂けるとうれしいです。

それでは素敵な離乳食&子育てライフを!

前の記事・次の記事

«

»

関連記事

注意しても話を聞かない子供に話を聞いてもらう方法 <効果実証済み>

親の言っていることをじゅうぶん理解できるお年頃…のはずが、全く言う事を聞きません。最初は何かに夢中で聞こえてないのでは??と思う事もしばしば。毎日、子供が聞いているのかいないのか分からず注意し続けていると、本当に疲れます。そんな経験ありませんか?そこでこの方法の出番です。我が家で実践してみたところ、100%とは言いませんが、ほぼ聞いてくれるようになりました。ぜひ試してみてくださいね。

子供のやる気を引き出すとっておきの方法

この方法の成功率は90%くらいでしょうか。ほぼ成功します。失敗する時もあります。それは多用した時。これは、子供の大人になりたい心理をうまく利用している方法ではないでしょうか。「お姉さんみたい・大人みたいにになりたい」と思わせる事がポイント。もう一つのポイントはお姉さんは他人と言う事。あくまでも比較対象にならない他人がポイントです。

育児がつらい時は「育児」を「生活の一部」に変換したら楽になるかもよ

育児や家事に参加していると、たまにやってくる辛さってありますよね。そんな辛さを解消すべく色々考えました。そして、ある思考法にたどり着きました。「育児」→「生活の一部」に変換してみよう。どうやら一緒に○○がポイントのようです。一緒に生活を共にする事で楽しさが生まれます。

コメント

コメントを残す


全て必須項目です。



上に戻る